最新記事一覧

お湯を沸かす設備

給湯器

業者選びのコツ

給湯器を交換しようと思った場合、同じ商品と交換するなら、どこで購入しても違いは値段だけです。それなら、できるだけ安いところで購入したいと思うことでしょう。しかし、給湯器は設置工事も必要です。そのため、交換と同時に工事も行ってくれる業者を選ぶと、費用を抑えられるでしょう。業者を選ぶ際に、まずは見積もりを依頼しましょう。ただし、見積もりの中に出張費や点検費なども含まれているか、きちんと確認する必要があります。業者によっては別途費用が必要になることもあるからです。しかし、ただ安いという理由だけで業者を選んではいけません。極端に安い業者を選ぶことで、トラブルになることもあり得るからです。見積もり依頼をし、あまりに安い値段を提示してきた業者があった場合は、なぜそれほど安いのか理由を尋ねてみましょう。また、せっかく交換した給湯器が壊れてしまった場合の保証がどうなっているかも確認しましょう。値段が安い代わりに、保証がない業者もあります。アフターフォローの内容も踏まえて、業者を選びましょう。他にも、給湯器設置にあたりその業者が資格を持っているかどうかも確認しましょう。都市ガスを利用する給湯器は、ガス可とう管工事監督者の資格や、都市ガス会社へ登録している簡易内管施工士の資格などが必要です。プロパンガスの場合は、液化石油ガス設備士の資格が必要です。他にも、給湯器設置に必要な資格は色々あります。すべての資格を持っていないといけないわけではありません。しかし、無資格で工事を行う業者でないか、確認する必要があります。