最新記事一覧

女の人

定期的な交換が必要

給湯器を交換する場合には、業者によって費用が大きく異なりますので、落ち着いて検討することが大切です。メーカーに依頼するか販売業者に依頼するかで本体価格は大きく異なってきます。複数の業者に見積を頼むとともに、アフターフォローについても十分確認する必要があります。

給湯器

ご家庭のニーズに合わせて

京都で給湯器を新たに買いたい場合には家族構成や人数、ライフスタイルに合った機種や性能、用量のものを選ぶようにしましょう。省エネ性能に優れたタイプも人気を集めていますので、どのタイプがご家庭に合うか業者に相談しましょう。

快適な生活を送りましょう

メンズ

家庭にあった物を選ぼう

京都は住宅が集合している為、徐々に音や臭いの出る石油系からガス給湯器に変わって来ています。最近は電気を熱源にするものもあります。京都は住宅の間口が狭く奥行きが深いのでコンパクトな給湯器の方が人気があります。また景観維持の為、住宅建築にも制限があるので他の都市に比べ電気給湯器の普及は低いのです。景観保全地区内でガス給湯器を設置したい場合は、自治体に確認しておきましょう。京都の冬は寒いので石油給湯器を使う家庭はまだ多いのです。京都で給湯器をつける場合、熱源が同じものへの交換は数時間ですみますが、石油からガスなど熱源が違うものへ変更は一日かかるものもあります。また家の構造によって熱源の変更ができないものや、マンションでは給湯器の規格が決まっていて、勝手に変更ができないものもあります。京都で給湯器の交換を行う業者はネットで見ると数多くあります。給湯器の種類や工事費、日数は業者によっても違いますから、複数の業者から見積もりを出してもらいましょう。工事費の安さにばかりとらわれず、ガス消費機器設置工事監督者など専門の資格を持った経験と実績のある評判の良い業者を選びましょう。特にアフターフォローがしっかりしている業者がお勧めです。業者によっては10年保証をつけてくれる所もありますから確認しましょう。また一般に給湯器の寿命は8年から13年と言われています。この時期になると定期点検をすることが大切です。

作業員

自宅でお湯を沸かす設備

給湯器が壊れるとお湯を沸かせないので、交換しましょう。タイプはすぐにお湯を沸かせる瞬間式と、お湯を貯めておく貯湯式があります。床暖房や浴室暖房があるなら暖房風呂給湯器、お風呂とキッチンで同時に給湯するなら風呂給湯器が利用できます。通販も安いですが、ガス会社ならさらに安く、適切な物を設置してくれます。

修理

毎日の生活に欠かせない

給湯器は京都での生活にも欠かせず、毎日のお風呂やシャワー、洗面所のお湯をはじめ、台所で洗い物などに使うお湯にも使えます。オール電化で電気で沸かすタイプのほか、ガスの場合は浴室と洗面所用と台所で使う瞬間湯沸かし器に分かれます。

給湯器

お湯を沸かす設備

給湯器の交換は、設置工事も行ってくれる業者を選ぶと費用を抑えられます。見積もり依頼をし、トラブル防止のためにも極端に安い場合は理由を尋ねましょう。アフターフォローの内容も確認して下さい。給湯器設置の工事には資格が必要なので、無資格の業者でないか確認しましょう。